宇都宮市東宿郷 お電話でのご相談・お問合せは

TEL.028-306-1605

ブログ一覧

blog

家族信託の委託者(=受益者)が死亡した場合の手続

家族信託の運用中に委託者(=受益者)が死亡したらどうなるか? 以下のポイントにご留意ください。 ☑①家族信託そのものには相続税の節税効果はない。 ☑②信託財産や受益権が他人に承継されるタイミングで相続税が発生する。 ☑③…

続きを見る

家族信託のリスクや留意点

家族信託のリスクや留意点について、ご説明します。 その1.判断能力が失われた後では手遅れ 認知症対策として注目されている家族信託ですが、家族信託を利用するためには「当事者に判断能力(意思能力)があること」が必要です。重度…

続きを見る

相続登記をしないでおくと困ること

相続登記をしないでおくと困ること、代表的なものは以下の3点です。 ①売却できない 相続登記をして所有者(相続人)を確定しないと売却できません。 亡くなった方を売主とすることはできませんから、必ず相続登記を完了させなければ…

続きを見る

家族信託は認知症でも間にあう場合があります

【結論】認知症と診断された親であっても、判断能力があると公証人が判定した場合には家族信託の選択は可能。  【解説】認知症が初期・軽度であれば、判断能力があると公証人が判定する場合があり得ます。              …

続きを見る

家族信託と生前贈与、任意後見の違いと注意点

家族信託と生前贈与、任意後見それぞれの違いと注意点を以下の通り、解説します。 ❶各制度と対比して考える家族信託の良いところ 前回の記事で説明してきた対策と比較しながら、家族信託で何ができるのか、そのメリットをお伝えしてい…

続きを見る

認知症になる前の生前対策の比較(生前贈与・任意後見・家族信託)

親が認知症等に判断能力を失う前であれば、将来の実家売却のために備える手段はいくつかあります。 ☑ 生前贈与 ☑ 任意後見契約 ☑ 家族信託 ❶生前贈与(早めに財産を手放す) 生前贈与とは、その名の通り、例えばお母さまが元…

続きを見る

不動産の法人化と家族信託等との使い分け

不動産法人化とは… 不動産法人化(所有型法人)とは、主に収益物件の管理を行うことを目的に、新しく法人を設立し、個人で所有していた建物を法人に売却し、土地を法人に貸し付ける方法です。不動産所有法人に移管した不動産は、相続財…

続きを見る

名義人の死亡による口座凍結はいつ解除されるのか?

凍結された口座が、亡くなった方の口座として再び復活することはありません。 相続人や、遺言によって、もらい受ける受遺者への適切な払戻しができるよう、金融機関所定の書類が揃った時、口座の凍結は解除されます。この「所定の書類を…

続きを見る

自社株の準共有問題~遺言で自社株を後継者へ集中する必要

遺産分割協議において、自社株が未分割の場合、「準共有」の状態となります。 こうなると、株主総会での議決権の行使が困難になるおそれがあります。株式の共有持分の過半数をもって議決権の行使を決定することになってしまうからです。…

続きを見る

事業承継対策のメニュー~メリットと留意点~

1.自社株対策の実施 次世代への事業承継をみすえた上での自社株対策として、持株会社の設立、現物分配の実施、株式交換の実施、種類株式化があります。 ❶持株会社対策 同族経営の中小企業の場合、会社経営を安定させる安定株主とし…

続きを見る

ご相談は随時お受けしております。

月曜日~金曜日:午前10時~12時まで/午後は1時から6時まで

※法律相談の受付は5時まで・出張法律相談にも対応します。

土曜日・日曜日は:ご予約済みの法律相談のみ承ります。